スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日二回目☆


なんだか古いコミック語りをしていたら楽しくなってきたので…
引き続き本日2回目の更新です。

内容をWikiなどから引用してもおもしろくないかな?と
言うことでさっくりと簡単な紹介を凛香がしていきますぜ☆

あとはー天は赤い河のほとりも相変わらずの神作品だと思うのです!!
何度読んでも感動できるし…絵の変化も劇的にあるわけではないので
とても読みやすいと思いますー。

主人公は平凡な女の子だったのですが、
その女の子が皇子暗殺の鍵を握るキーパーソンとして、
たくさんの中から選ばれて連れてこられます。

その女の子が深く関わっていくそんなお話です。
恋愛要素が主流なのでとても素敵ですよー^^

最初から最後まで楽しくないところがないくらいの
素敵な作品なので、絵の好みもあると思うんですが…
ぜひ読んでいただきたいなと思う作品でしたー。


明稜帝 梧桐勢十郎

こちらはジャンプの作品で、
この作者さんの作品が大好きですー。

今は貸出中なので読むことはできないですが、
この作品も手放すことができない作品ですね…。

一見ぶっきらぼうでまったく優しくない残虐非道な
生徒会長。ですが、その実生徒会メンバーのことを
自分より何より大事にしてくれるそんな勢十郎さんが主役のお話です。


花より団子

もうこの作品は説明いらないですよね…?
女の子なら全巻揃えている人も多いはず…。

凛香もある程度読んで、大人になったあと
どうしても欲しくなって大人買いしました(*´∀`*)

道明寺が大好きです。
類がすごく素敵でしたが、やはり恋に落ちるなら道明寺ですねー。

恋に落ちるまですごくやきもきした感じだったのが、
やっと両思いになれてからの離れ離れになったりする感じが、
少し大人になった方が胸キュンになる作品ではないかな、と思いますvv


むむ…ちょっと短いですが、一回切っておきます。
もしかしたらまた続くかも(笑)

生ぬるく見守ってやってくださいvv
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。