スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK BIRD(コミック)




あらすじ

――ずっと待っていた初恋の人は、妖だった…。

幼い頃から、妖怪が見える原田実沙緒。そんな彼女をいつも守ってくれたのは、初恋の人・鳥水匡。
「いつかまた迎えにくるから…」月日は流れ、子供の時に交わした約束どおり、16歳の誕生日の前日に実沙緒は匡と再会する。

しかし、そこで実沙緒は自分が「仙果の娘」と呼ばれる特殊な人間だということを知らされる。
「仙果の娘」とは妖に力を与えるという特殊な女性で、16歳を境にその力が発現し、仙果の血を妖が飲めば寿命が延び、肉を喰べた妖には不老不死を与え、花嫁に迎えればその一族に繁栄をもたらすと言われていた。

そして、いつも実沙緒を守ってくれていた初恋の人・匡の正体は、実沙緒を狙う妖「天狗」だった。
実沙緒と匡は、実沙緒を狙う他の妖達との争いの中で少しずつ絆を深め、遂に結ばれる。
しかし、幸せを掴んだ二人を更なる試練が待ち受けていた。

キャラクター

…原田 実沙緒(はらだ みさお)…

本作のヒロインで高校生。一番欲しい物は「カレシ」と言い切るほど恋愛をしたがっている。
そんな中幼なじみである匡と再開し、少しずつ心惹かれていく。
幼い頃から妖が見え、16歳になった時から仙果となりいろいろな妖に狙われるようになる。

…烏水 匡(うすい きょう)…

実沙緒のために烏天狗の一族の当主となり帰ってくる。何においても実沙緒が第一で護るためであれば手段を厭わない。
強引でわがままそうに見えるが実沙緒の意見はきちんととりいれてくれるしっかりさん。
一族のみんなからも愛され、苦しい決断を迫られることもある。


作画

かなり綺麗です。少女コミックなのでまつげが長め。
男性陣にイケメンが多く、どのキャラを贔屓にするかかなり割れるかと思われます。

わりと死に沙汰のシーンがあるので苦手な方は気をつけて読んで下さい。

おすすめ度

いやー最近読んだ少女漫画で5本指には入るオススメ度合い。
むしろ友達に勧めまくって広げてる最中です。てへ。

読み終わった時には「自分もこんな風に愛されたい!」と思うこと請け合い。
少女漫画のように胸がとくんとくんします(笑)

ですが、恋愛だけではなくファンタジー要素も強いので、
実沙緒もただ守られるだけの存在ではいられずに、少しずつ強くなっていくところもかなりいいです!

第一話からカッターでヒロインの首を切る漫画はそうそうありません。
そしてその傷を思い切り舐める漫画…はあるかな…。

めちゃくちゃ痛いみたいですが、舐めると傷が治るんです。
これは羨ましいですね!ただ後半、仙果である実沙緒を抱くと、匡は妖最強になれます。

何このカップル半端ない!
まぁ、ちょっとふざけた口調で書いてしまいましたが、ものすごいよいのでご安心を。
とっつきやすく、興味を引きやすいようにピックアップしているから少し違和感を感じるんですね…。

とにかくエンディングがよかったですー。
本当に本当によかったです。私の理想と言っても過言ではない終わりかた。

バッドかハッピーかはお伝えしませんが、どちらであっても素敵ですということだけは言い切れます。
周りのキャラクターもすごく魅力的で、キャラが立っていて、サイドストーリーもしっかり。

かなり入り込んでいける作品で、綺麗に終わってくれた反面、もっと続きが見たいと
思わせる作品すぎて、もっと有名になればいいと思いました。

まぁ、元々人気は高いみたいなので、知っている方もいらっしゃるかもですね…。
あぁ…書きたいことが多すぎて、書ききれません。

実際読んでみてください!
ちょっと毛色は違いますが、天は赤い河のほとりのユーリとカイルのカップルに近い感じがします。
お互いを大事に、高め合っていくところがすごく…!

相反する作品だと、「甥の一生」ですかね…。
そちらもそのうち感想を書きたいと思います✰
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。