スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノ・ゾ・キ・ア・ナ(コミック)





あらすじ

アパートで一人暮らしをする専門学校生・城戸龍彦は、ある日壁の穴を見つける。
覗いて見ると隣の部屋に住む美女・生野えみるが見えた。
壁の穴のことを告げに行くと、えみるは「私と覗き合いしませんか?」と、1日交替で相手を覗くことを提案する。
こうして、龍彦とえみるは他人の私生活を覗き合う禁断と背徳の日々を送ることになる。


キャラクター

…城戸 龍彦(きど たつひこ)…

自分見せ合いっこに巻き込まれて、いろいろな苦労をするが優しさを失わない少年。
いつも彼女を全力で好きになるが、見せ合いっこの相手のえみるのことが心の何処かで気になっている。

…生野 えみる(いくの えみる)…

表情の変化があまりなく、これからのことを見通して行動する頭のいい今作のヒロイン。
龍彦が直情型だとすると、正反対のクールで冷静なタイプである。

ときどき見せる揺らいだ表情が彼女の強い信念を思わせる。
辛いことを辛いと言えないせいで、いろいろと災難にあうがそれでも龍彦を優先する。

作画

かなり絵は綺麗ですね。
無駄な線が一切なく、女性の体のフォルムもバランスがいいです。

髪の毛の繊細が描き方が個人的にはとても好みです。
瞳もキラキラしすぎず適度にきらめいていてよい…。

表紙のキャラクターが多い時なんかも、
バランスよくまとまっているのもポイントです☆


おすすめ度

性描写がわりと多いのでそういうのが嫌いでなければ。
すっごく遠回りな恋愛作品だと思ってもらえればいいと思います。

ただ純愛が好きな人には向かないかもしれないです。
最後の終わり方的には、私個人は結構感動したので
ストーリーとしてはうまい見せ方をしているかと。

修羅場が多々ある作品なので、それをどうやって切り抜けていくのかを
見ていくのはなかなかおもしろいです。ヒロインが頭がいいので
うまくうまく活動してくれていて、主人公はそれにいつも助けられっぱなし。

優しくてお人好しで、ほんの少しどじな主人公なので
もしかしなくてもヒロインの方が人気のある作品かもですね。

アニメも出ているようですが…説明を読む感じ
ただのそっち系の作品になってそうなので、コミックをおすすめします。

もしかすると映画も出ている気配がちょっぴり…。
画像検索した時に出てきただけなので確証はないですが…
私が見る気がないので、興味がある方は調べてみてください(笑)

スピンオフ作品として、「ノゾ×キミ」という作品がでていて、
そっちはノ・ゾ・キ・ア・ナよりもプラトニックな作品になっているので
苦手な方はそっちを見てみるといいかもです☆

ただ単行本化するのにあたって露出が増えているらしいので
あとでチェックしてみますね(笑)

多分そこまでレベルアップはしてないと思うので大丈夫だとは思うんですが…。
全体的に電車とかでは読めないコミックでございましたとさ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。