スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は早めにフライングぅ☆

ということで、バトルロワイアルのコミック版を読んで
テンションが高い凛香です。こんばんわ!

普通に5日の日記を書いた流れで書いてます。
本来日記とはこういうものでないですよねー。知ってます(*´ω`*)

いやーそれにしても…改めて凛香のバトロワ好きに驚きました。
自分で驚きました(笑)変なやつです。


コミックは何度か読んでるんですけど、何度読んでも新しい発見が…!
最初は絵柄がちょっと、うーん?って感じだったんですけど…
本当にバトロワを好きな人が書いてくれてるんだ!って思うような
細かい描写があることに気づいてみたりして…。

ということで改めてバトロワのコミック版の良さを痛感。
あんまり語るとこいつ…って思われそうなのであれですが…。

原作も
コミックも
映画版も。

それぞれにいいところがあってみんないいです。
そう思えるくらい作品が好きなんだなぁ、って思うんですが、
これだけ未だにバトロワスキーさんっていらっしゃるんだろうか…。

うん、いるだろうなぁ…。
それだけいろいろと考えさせられるキャラクターが生き生きした
作品だと思ってます。本当、世界中の人に読んで欲しい作品です。ええ。

何時間でも語れますが…、さすがに怒られそうだ(笑)
もう一回原作読みたくなってきたなぁ…。時間かかるけど、
読んじゃおうかなぁ…。調子がいいと本当一日で読めるんですけど、
毎回感動しすぎて止まるんだよなぁ…。

今回のバトロワも泣きながら読んでましたもんね。あかんわぁ…。
泣ける漫画は何度読んでも泣ける!泣ける漫画はとても素敵ですね…。

ちなみに凛香が何度読んでも感動しすぎてあかん!っていう作品は…
そのまま書こうと思いましたが、全開ネタバレなので、追記に書きます。

ではではー、よければ追記でお会いしましょう♪



何度読んでも泣けちゃう作品。
何度でも泣ける自信があります。
でも基本泣き虫なので、そこで泣くのー?っていう作品があったらごめんなさい。


バトルロワイアル(三村、杉村、川田の最後のシーンが泣ける。千草とかも好きだなぁ…。)
花の慶次(蛮頭が死んじゃうシーンとか、蛍の所とか…。ほとんどかっこいい作品なのにね…。)
北斗の拳(トキが死の灰をかぶったあとの笑顔とか、ラオウがトキを殺せなかったシーンとか…、
     レイの最期のシーンもかっこよすぎてもうどうしていいやら…!)
東京クレイジーパラダイス(言わずもがな…鴨さん……!)
天は赤い川のほとり(ティト、ウルスラ、ザナンザ、ルサファ、ううう。)
海の闇、月の影(全体的に双子が争い合う悲しいお話。結末を知っていても読むとしばらく
        立ち直れない…。作者の終わらせ方にとてつもない決意を感じる…!)
最終兵器彼女(人の死がこんなにも重い作品。ちせがぼろぼろになっていくところとか、
       言葉がなくても通じ合うところとか…、いろいろありすぎて書ききれない!)


一回読んだ時にほろりとした作品。
二回目以降は読んでないのでわかりませんが(笑)

金色のガッシュ!!(キャラクターが消えていくシーンは後半になればなるほどやばいです。
          ちなみに後日描かれた読み切りでもこっそり泣きました。)
4月は君の嘘(結末の見せ方の綺麗さに、作者の実力を感じえないです)
覇王愛恋(この作品の魅せ方もやばい!最後の最後は私を号泣させ二度と読めないって思わせた
     作品です。ちなみに本棚に大事に入ってますが、本当に読めてない/笑)


なんかいっぱいある気はするけど…思いつかないや。
泣ける作品って…いい作品が多いよねぇ…。



でもあれ…おかしいな?
一般的(?)な泣ける作品ランキングにあんまり入ってないぞ…!?

むしろランキングに入ってる作品、あんまり泣かなかったぞ…!?
あわわわわ…!

https://manganavi.jp/mantan/renai/nakeru-a.php

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。