FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シックスセンス。

い、映画なら知っているかもしれません。
それの原作読みました。(以下軽くネタバレ注意)

シックス・センス シックス・センス
ジム デフェリス (1999/10)
竹書房

この商品の詳細を見る


アマゾンで調べてみたところ、
続編がでているようですごく驚きました!!
まさか続くとは思ってなかったので…。

でも最後のどんでん返しは健在なようで。
読むのはなかなか先になるかもしれませんが、
いつかよんでみたいな、と思わせる作品でした。

そして映画とぜんぜん違うのは
主人公コールが見える幽霊の描写。
それはもう画像としてはうまくできているの
かもしれませんが…。

文字的描写のほうが心情をリアルに
感じることができたような気がします。
女の子の幽霊の話を聞いてあげるシーンも
正直いって映画の方では、怖いのを
アピールしたいのかな?程度にしか
思いませんでしたが、原作の方では詳しい詳細も
かかれていてすごくわかりやすかったです

その死んでしまった女の子は、
母親からうまくいいくるめられ、
半ば強引に衣類の柔軟材が入った
ご飯(書物の中ではスープでしたが)を
食べさせられていました。
だからコールの前に現れたとき、

吐瀉物を絶え間なく戻して
いたんだろうなぁ…と原作の方で
やっと納得が行きました。

けど、原作の内容は短い章のものが
たくさん入っている感じで
もっと読みたいのに…と思うことが多かったので
そこはうまくつながっている映画の方が
見やすかったのかな??

シックス・センス シックス・センス
ブルース・ウィリス、亀井芳子 他 (2000/07/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る



ということで。
シックスセンスの簡単な感想でした。
小説を処分するために
がっつらがっつら読んでます。

次はなぜかケロケロチャイム
懐かしくて捨てるのがためらわれたので
最後に一回読んでからにしようかと…。
イラスト、のっけておこうかな(笑)


ケロケロちゃいむ ケロケロちゃいむ
武上 純希、藤田 まぐろ 他 (1997/07)
集英社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。